血圧サージを避ける対策

血圧サージをご存じですか?
NHK健康情報番組の「ためしてガッテン!」や、健康雑誌にもも取り上げられるなど、注目を集めていますね。

 

 

血圧サージとは、簡単に言えば一過性の血圧の急激な上昇のことを言い、普段は正常値の範囲内に収まっている人でも、少しの間に血圧が急激に高くなる現象です。
上昇幅が55mmHgを超えると危険と言われています。

 

 

その為、血圧はいつも安定していたのに、ある朝、突然に脳卒中で入院ということになりかけないのです。

 

 

食事で塩分に気をつけて、なるべくしょっぱいものを控えていたという人でも、食事中に急に箸を持っている右手がしびれてお茶碗が掴めなくなり、その後病院に緊急搬送され一命を取りとめたものの、後遺症が残ったというような例も少なくありません。

 

 

そんな血圧サージの引き金になる原因は、ストレスや食事、睡眠不足、深酒、起床後のすぐの運動、肥満、トイレでいきむ、怒りなど様々ですが、一つひとつは小さくてもそれらが重なると血管に強い圧力がかかり危険なようです。

 

 

また、冬は寒さにも注意が必要です。
例えば、朝に起きて直ぐに冷えた床を素足で歩いたりするのも危険なので。スリッパを履き、部屋を暖めて、体の末端の手や足を冷やさないようにすることが大切です。

 

 

これまで高血圧は、主に昼間の安静時の血圧が高いか低いかで問われていましたが、日中時に血圧が
安定していても本人が気づかない間に血圧の急上昇が起こり、危険な数値になることが誰でもあるわけです。

 

 

血管には普段から一定の圧力がかかっていますが、いったん危険な血圧サージが発生すると、全身を駆け巡り、脳の細い血管では、圧力に耐え切れずに破れて脳出血になったり、詰まって脳梗塞が発症する危険性もあるわけです。

 

 

特に40歳以降になると、次第に血管に弾力がなくなり硬くなってくるので、急激な圧力上昇に血管を広げて耐えることが難しくなり、血圧変動が大きくなりやすいものです。

 

 

その為。血圧サージを避ける対策としては、生活習慣を見直して引き金になる原因を減らすのはもちろんのこと、日頃から身体を柔らかくするストレッチをやったり、血流を促すジョギングなどの軽い有酸素運動などをすることが最適です。

 

 

但し、血圧が上昇しやすい朝の時間帯は避けて運動は行うようにして下さいね。

 

 

最も効果がある方法に絞った1日数分からの簡単ストレッチ!

 

高血圧下げる「福辻式」DVDの詳細を見てみる

 

 

関連ページ

冬の高血圧対策
水分補給について
入浴について
睡眠について
夏の高血圧対策
昼寝をしよう!
目覚めの血圧上昇に注意!
自分の血圧の変動を知ろう!
日常生活での高血圧の前ぶれ症状
硬い体は高血圧のもと
残暑の頃は高血圧に特に注意
便秘を解消すれば血圧は下がる?
高血圧は起床時の急な立ち上がりに注意
ストレスと高血圧との関係
高血圧は過労死リスクを高める
高血圧による脳梗塞に注意
ゴルフは血圧を上げる!?
食塩感受性には個人差がある
座ってばかりが高血圧などの不調を生む
ストレッチは血管の若返りに効果的
高血圧に運動が良い影響を与えるメカニズム
冬場の水仕事は温水にしよう
出勤前のゆとりが血圧を上げない
降圧剤に頼る前に考えておくべきこと
体の血圧調整の仕組み
脳卒中を引き起こす人の特徴
交感神経が働き過ぎると高血圧の悪循環に陥る
高血圧の人は脈拍が60%程度上がる運動を
心筋梗塞や脳卒中は夏にも要注意
高血圧の夏場に注意すべき過ごし方
夏場に高血圧を引き起こしやすい原因とは?
心臓付近の筋肉や血管をほぐせば血圧も下がる
血圧が上がりやすい服装とは?
熱いお風呂は血栓を作りやすくする
急激な気温の低下は血圧上昇に注意しよう!
高血圧の冬の注意点
下の血圧が高い原因と対策
高血圧や体調不良は体温を上げるストレッチで改善
心臓に送り返す筋肉のポンプ作用を強化しよう
高血圧の運動のリスク
高血圧とタバコの関係
ストレッチは心身ともに健康になれる
ストレッチで血圧を下げ体の衰えを食い止めよう
筋肉と血管の関係
動脈硬化の予防にはストレッチ
高血圧は血液サラサラなら大丈夫ではない!?
寝る前の水分補給は高血圧に良いのか?
冷え性改善は血圧も下がる
血管の老化を防ぐには?
脂質異常症と高血圧が合併すると動脈硬化を引き起こしやすい
立ち仕事の人も血管病に要注意
血管と見た目年齢は比例している
ストレッチで血管も柔らくなる?
血管を若く保つには単に痩せればいいわけではない