血管を拡張させるならビタミンB3とE

血圧を下げるなら、血管を拡張させるビタミンB3とEが効果的なのをご存じですか?
今の医療は、血圧が高くなると降圧剤で下げる方法が一般的ですが、血圧が上がっている理由に目を向けないで、数値だけを下げても根本的な解決にはなりません。

 

 

そんな中、ここ数年特に多いのが、急に血圧が上がってきたというケースです。
このような時に考えれるのは、体のどこかで血管が狭くなっていたり、血液の塊である血栓が詰まっていたりしているのではないかということです。

 

 

血管に詰りがあれば、心臓は何とかして血液を流そうとして心臓が圧力を強くして血圧が高くなります。
そして、血管の詰りや血栓はがどこに起きているのか、まず最初に疑うべきところは、体の重要度からみれば脳でしょう。

 

 

脳はとても多くの血液を必要とするにも関わらず、血管はもろく血液不足になりやすい臓器なんですね。
そして、測定不可能くらい小さい脳梗塞が起こっている為に、血圧が高くなっている可能性が考えれます。

 

 

ただ、脳梗塞というと一般的に脳神経外科を受診することを考えるかもしれませんが、手術を必要としない微細な脳梗塞は専門外で、「しならく様子を見ましょう」と言われ、血圧が高い状態が続くようになってしまいます。

 

 

かと言って、内科に行けば血圧を上げている原因はほったらかしで、降圧剤と減塩などの生活指導で終わってしまいます。
では、どこを受診すればいいのかというと、一度神経内科で診てもらうことをお勧めします。

 

 

と言うのも、高血圧に対してビタミン剤を処方してくれることが少なくないからです。
ビタミンEとB3にはいずれも、血管を広げて末梢の血液循環をよくする作用があります。

 

 

つまり、血管を広げて、血栓を流すわけです。
こうすれば血圧が高くなる理由がなくなってきます。
但し、いくらビタミン剤などで一時的に血管が広がって血圧が下がっても、生活習慣を改めないと同じことが起きてしまいます。

 

 

その為、日頃から人参やリンゴなどの野菜や果物などの食べ物を摂ってビタミンやミネラルの過不足を補うようにしたり、ストレッチや体操などを行って、血管の柔軟性を保つよに心掛けましょう。

 

 

1日数分からの簡単ストレッチ!

 

高血圧下げる「福辻式」DVDの詳細を見てみる

 

 

関連ページ

冬の高血圧対策
水分補給について
入浴について
睡眠について
夏の高血圧対策
昼寝をしよう!
目覚めの血圧上昇に注意!
自分の血圧の変動を知ろう!
日常生活での高血圧の前ぶれ症状
硬い体は高血圧のもと
残暑の頃は高血圧に特に注意
便秘を解消すれば血圧は下がる?
高血圧は起床時の急な立ち上がりに注意
ストレスと高血圧との関係
高血圧は過労死リスクを高める
高血圧による脳梗塞に注意
ゴルフは血圧を上げる!?
食塩感受性には個人差がある
座ってばかりが高血圧などの不調を生む
ストレッチは血管の若返りに効果的
高血圧に運動が良い影響を与えるメカニズム
冬場の水仕事は温水にしよう
出勤前のゆとりが血圧を上げない
降圧剤に頼る前に考えておくべきこと
体の血圧調整の仕組み
脳卒中を引き起こす人の特徴
交感神経が働き過ぎると高血圧の悪循環に陥る
高血圧の人は脈拍が60%程度上がる運動を
心筋梗塞や脳卒中は夏にも要注意
高血圧の夏場に注意すべき過ごし方
夏場に高血圧を引き起こしやすい原因とは?
心臓付近の筋肉や血管をほぐせば血圧も下がる
血圧が上がりやすい服装とは?
熱いお風呂は血栓を作りやすくする
急激な気温の低下は血圧上昇に注意しよう!
高血圧の冬の注意点
下の血圧が高い原因と対策
高血圧や体調不良は体温を上げるストレッチで改善
心臓に送り返す筋肉のポンプ作用を強化しよう
高血圧の運動のリスク
高血圧とタバコの関係
ストレッチは心身ともに健康になれる
ストレッチで血圧を下げ体の衰えを食い止めよう
筋肉と血管の関係
動脈硬化の予防にはストレッチ
高血圧は血液サラサラなら大丈夫ではない!?
寝る前の水分補給は高血圧に良いのか?
冷え性改善は血圧も下がる
血管の老化を防ぐには?
脂質異常症と高血圧が合併すると動脈硬化を引き起こしやすい
立ち仕事の人も血管病に要注意
血管と見た目年齢は比例している
ストレッチで血管も柔らくなる?
血管を若く保つには単に痩せればいいわけではない
血圧サージを避ける対策
血栓を溶かす薬は血管内で作られる
高血圧の人は早起きに注意
運動をすると血管内皮が蘇る?