高血圧は血液サラサラなら大丈夫ではない!?

高血圧は血液サラサラなら大丈夫だと思っていませんか?
実際にテレビの健康番組でも、血液をサラサラにして血管年齢を若返らせ、高血圧を下げるといった内容のものを良く見かけます。

 

 

その為、高血圧が気になる方は、血液の状態を気にしている人も少なくないでしょう。
そんな血液がサラサラかドロドロかを調べるには、血液流動検査で知ることが出来ます。

 

 

これは採取した血液をシリコン製の毛細血管に似せた装置に流して、その様子を顕微鏡で200倍に拡大して見るというものです。
そして、健康な血液はサラサラと上から流れてくるのですが、血小板が固まりやすくなっていたり、白血球の粘りが強くなっていたりすると、ドロドロと流れている様子が見てとれます。

 

 

このように血管を流れる血液の状態は、サラサラしているほうが流れやすいので血圧に良いのは間違いありませが、だからといって大丈夫とはかぎりません。
何故なら、動脈硬化が進んでいることもあるからです。

 

 

しかも、サラサラの血液と判断されても血栓はでき、それが血管を詰まらせて心筋梗塞や脳梗塞などを起こして突然倒れてしまうなんてことも十分にあり得るのです。

 

 

巷には、野菜を食べずに肉ばかりを食べていると血液がドロドロになるとか、玉ねぎをを食べれば血液がサラサラになると言った情報が溢れかえっています.。
もちろん、血液の状態は大切ですが、それ以上に重要になるのが血管のコンディションです。

 

 

つまり、血管がしなやかで弾力があれば、血圧が急に上がっても血管がパッと広がり血液をスムーズに循環させることが出来るようになるからです。

 

 

いずれにしても、血管の老化はそれまでに何十年も続けてきた生活習慣の結果です。
血圧が少し高いことを知りながらもそのまま放置したり、健康に悪いと知りながらタバコを吸い続けたり、睡眠不足、ストレスなど、そうした積み重ねが血管を老化させてきたわけです。

 

 

また、長い歳月をかけて血管が老化をさせてきたのだから、血管を若返らせるのも同じくらいの年数が必要ではないかと心配される人もいるかも知れませんね。
ダイエットにしても、一生懸命やっても結果が出なければ続きません。

 

 

その点、血管を若返らせて血圧を下げることは、年齢に関係なく始めればすぐに効果が表れてきます。
血管に悪い生活習慣を改めストレッチで体を柔軟にすれば、多少硬くなったり、狭くなっていたりしても、詰まりにくい、切れにくい血管へと修復でき、すぐに若返らせることが期待出来ます。

 

 

というのも、血管そのものが若返らなくても、血管がしなやかに開きさえすれば良いからです。
しかも、あなたが思っているほど難しいことではありません。

 

 

最も効果がある方法に絞った1日5分からの簡単ストレッチ!

 

高血圧下げる「福辻式」DVDの詳細を見てみる

 

 

関連ページ

冬の高血圧対策
水分補給について
入浴について
睡眠について
夏の高血圧対策
昼寝をしよう!
目覚めの血圧上昇に注意!
自分の血圧の変動を知ろう!
日常生活での高血圧の前ぶれ症状
硬い体は高血圧のもと
残暑の頃は高血圧に特に注意
便秘を解消すれば血圧は下がる?
高血圧は起床時の急な立ち上がりに注意
ストレスと高血圧との関係
高血圧は過労死リスクを高める
高血圧による脳梗塞に注意
ゴルフは血圧を上げる!?
食塩感受性には個人差がある
座ってばかりが高血圧などの不調を生む
ストレッチは血管の若返りに効果的
高血圧に運動が良い影響を与えるメカニズム
冬場の水仕事は温水にしよう
出勤前のゆとりが血圧を上げない
降圧剤に頼る前に考えておくべきこと
体の血圧調整の仕組み
脳卒中を引き起こす人の特徴
交感神経が働き過ぎると高血圧の悪循環に陥る
高血圧の人は脈拍が60%程度上がる運動を
心筋梗塞や脳卒中は夏にも要注意
高血圧の夏場に注意すべき過ごし方
夏場に高血圧を引き起こしやすい原因とは?
心臓付近の筋肉や血管をほぐせば血圧も下がる
血圧が上がりやすい服装とは?
熱いお風呂は血栓を作りやすくする
急激な気温の低下は血圧上昇に注意しよう!
高血圧の冬の注意点
下の血圧が高い原因と対策
高血圧や体調不良は体温を上げるストレッチで改善
心臓に送り返す筋肉のポンプ作用を強化しよう
高血圧の運動のリスク
高血圧とタバコの関係
ストレッチは心身ともに健康になれる
ストレッチで血圧を下げ体の衰えを食い止めよう
筋肉と血管の関係
動脈硬化の予防にはストレッチ