脂質異常症と高血圧が合併すると動脈硬化を引き起こしやすい

脂質異常症と高血が合併すると動脈硬化を引き起こしやすいと言われていますね。
ですが、積極的に体を動かすことは高血圧はもちろん、脂質異常の改善に繋がります。

 

 

血液中には脂質と言われる物質が含まれており、コレステロールもその一つで、その他にも中性脂肪、遊離脂肪酸、リン脂質などがあり、ホルモンの材料になるほか、生命維持のエネルギー源になるので不可欠なものです。

 

 

通常、この脂質は血液中では一定の割合に保たれていますが、そのバランスが崩れて悪玉コレステロールや中性脂肪が増えすぎてしまうと、血管壁に入り込んで動脈硬化引き起こしやすくなるんですね。

 

 

脂質のバランスを崩す原因は、食べすぎや運動不足、肥満、遺伝など様々ですが、なかでも食事で脂質や糖質などの取り過ぎが大きいと言われています。

 

 

ですので、動脈硬化に関わる脂質はLDLとHDLコレステロール、中性脂肪の3つです。
LDLが血液中に増えすぎると血管の内腔を狭くし、動脈硬化の原因になるので悪玉コレステロールと呼ばれ、血圧もあがりやすくなりますね。

 

 

一方、HDLは血管壁に入り込んだコレステロールを回収する働きがあるので、増えれば動脈硬化を抑えられ血圧も下がりやすいので、善玉と呼ばれています。
この2つはバランスが大切で、これに異常が生じ、悪玉や中性脂肪が多すぎたり、善玉が少なすぎたりする状態を脂質異常症と言います

 

 

そして、運動の効果は中性脂肪を減らし善玉コレステロールを増やすほか、様々な点で血管に良い影響を与えます。
また、食生活の改善で悪玉は抑制出来ますが、善玉の増加は期待できません。
これを増やすには、適度な運動運動を行うことが良く、ある調査では、1日の歩数が多いほどHDL値が高くなるという結果もあるんですね。

 

 

ですが、悪玉は運動で減らすことは出来ません。
しかし、血流が良くなり血栓を出来にくくなったり、血管がしなやかになり血圧も下がる、ストレスの解消、肥満の抑制、血糖を筋肉に取り込むインスリンの働きが良くなるなど、動脈硬化の要因の予防や改善にもなるので、LDL値が高い人にも運動は勧められます。

 

 

脂質異常症の改善には有酸素運動が適しており、特にウオーキングなど、少し息がきれて「ややきつい」くらいの速さで、1日に30分以上行うことが推奨されています。
このように運動には色々なメリットがりますが、無理をするのはよくありません。

 

 

体調が悪いのにきつい運動をして体に負担をかけては、かえって血圧があがって血管にも良くありません。
自分に合ったものを選ぶことが大切です。
なお、血管は年齢とともに老化してきますが、ストレッチなどの軽い運動によって、動脈硬化の進行を抑えられることが分かっています。

 

 

最も効果がある方法に絞った1日数分からの簡単ストレッチ!

 

高血圧下げる「福辻式」DVDの詳細を見てみる

 

 

関連ページ

冬の高血圧対策
水分補給について
入浴について
睡眠について
夏の高血圧対策
昼寝をしよう!
目覚めの血圧上昇に注意!
自分の血圧の変動を知ろう!
日常生活での高血圧の前ぶれ症状
硬い体は高血圧のもと
残暑の頃は高血圧に特に注意
便秘を解消すれば血圧は下がる?
高血圧は起床時の急な立ち上がりに注意
ストレスと高血圧との関係
高血圧は過労死リスクを高める
高血圧による脳梗塞に注意
ゴルフは血圧を上げる!?
食塩感受性には個人差がある
座ってばかりが高血圧などの不調を生む
ストレッチは血管の若返りに効果的
高血圧に運動が良い影響を与えるメカニズム
冬場の水仕事は温水にしよう
出勤前のゆとりが血圧を上げない
降圧剤に頼る前に考えておくべきこと
体の血圧調整の仕組み
脳卒中を引き起こす人の特徴
交感神経が働き過ぎると高血圧の悪循環に陥る
高血圧の人は脈拍が60%程度上がる運動を
心筋梗塞や脳卒中は夏にも要注意
高血圧の夏場に注意すべき過ごし方
夏場に高血圧を引き起こしやすい原因とは?
心臓付近の筋肉や血管をほぐせば血圧も下がる
血圧が上がりやすい服装とは?
熱いお風呂は血栓を作りやすくする
急激な気温の低下は血圧上昇に注意しよう!
高血圧の冬の注意点
下の血圧が高い原因と対策
高血圧や体調不良は体温を上げるストレッチで改善
心臓に送り返す筋肉のポンプ作用を強化しよう
高血圧の運動のリスク
高血圧とタバコの関係
ストレッチは心身ともに健康になれる
ストレッチで血圧を下げ体の衰えを食い止めよう
筋肉と血管の関係
動脈硬化の予防にはストレッチ
高血圧は血液サラサラなら大丈夫ではない!?
寝る前の水分補給は高血圧に良いのか?
冷え性改善は血圧も下がる
血管の老化を防ぐには?
立ち仕事の人も血管病に要注意
血管と見た目年齢は比例している
ストレッチで血管も柔らくなる?
血管を若く保つには単に痩せればいいわけではない
血圧サージを避ける対策