高血圧を下げるストレッチ

ここでは、高血圧などをはじめとする、生活習慣病の予防や改善に役立つストレッチを紹介しています。
高血圧でお悩みの方の参考になれば幸いです。

高血圧を下げるストレッチ記事一覧

高血圧には適度な運動が良いと言われますが、運動習慣や忙しくて時間がとれないと言う人は、寝る前などに布団の上でストレッチなどの体操を習慣化すると、高血圧をはじめ様々な生活習慣病の改善や予防に役立ちます。@お尻から股間節のストレッチ布団の上で仰向けになり、両足を曲げ両膝がお尻の上にくるようにし、左右それぞれの膝に同じ側の手を添えます。右足の膝を手前に引きよせて、右手で膝を抱え込み、また元に戻します、同...

高血圧を下げるには、ストレッチや体操で血行を良くすと効果的です。手足の末端の血行を良くすれば、全身の血行も改善され血圧は下がります。●手足をブラブラさせる@立った状態で、片足を上げ、両手と一緒に手足をブラブラさせます。 足を変えて、同じように行います。A椅子に座った状態から両手で太腿を抱え、足を交互に振り上げるようにします。※1セット30回程度を目安に、1日3回行うようにしましょう。●両腕を伸ばす...

湿布を足の裏に貼ることで高血圧を下げることが出来ることをご存じですか?では、何故、足の裏に湿布を貼ると血圧を下げたり健康にも良いのかと言うと、足の裏の血管には数えきれないほどのの自律神経があり、湿布を貼ることで自律神経が刺激され、それが脊髄から脳に伝わって、刺激したところに対応する身体に伝わるからです。そして、足の裏には領域がツボより狭い反射区(ゾーン)があり、これはツボと同じような効果が表れ、そ...

高血圧の人は、一般的に体を動かすことに慎重な人が多いのですが、高血圧だからこそ出来る範囲の運動などのストレッチをすることが大切ですね。中でも簡単な足のストレッチなどの軽い運動をし血流の流れを良くすると高かった血圧は下がって行きます。高血圧の症状がある方は、降圧剤などの薬を使えば血圧は下がりますが、血管の衰えまで食い止めることが出来ません。その為、薬を飲みつづけたりしないといけなくなるわけです。私た...

簡単な寝たまま行える手と足の指を閉じたり伸ばしたりする簡単なストレッチ(運動)をすると血圧を下げることが出来、女性に多い冷え性も改善することが出来ます。高血圧と言うのは、身体末梢血管が広がりにくくなり血液を押し出す圧力が高くなってしまう病気なので、寝たまま手足の指を閉じたり伸ばしたり簡単なストレッチ(運動)、グー、パーをすると末梢の血管も広がり血液の循環が良くなることで血圧が下がって行くのです。ま...

足の血液の循環を改善すると、血圧が下がりやすくなるのをご存じですか?足の筋肉には、収縮と弛緩を繰り返し、重力に逆らって血液を心臓に送り戻すという働きがあるのですが、疲労が溜まったり運動不足などで足の筋肉に弾力がなくなったり衰えたりすると、血液の循環が悪くなります。そうなると、心臓はより血液の流れを良くしようとして血圧が上昇します。そして、この血圧が上がるのを防ぐには、筋肉の弾力を良くすることです。...

骨盤の歪みをストレッチで直すと血圧が下がるのをご存じですか?一見すると、骨盤と血圧は関係ないように思ってしまいますが、血管の圧迫がとれて血圧が下がるのです。そもそも骨盤が歪んで広がってしまうと、その上にある内臓も下がってきて血管を圧迫するようになり、もっとも血液が必要な脳に行き届かなくなり酸欠状態になってきます。そうなると、体はそれを解消しようとして心臓の血液を送る圧力を上げ、脳へ血液を送るように...

筋肉をストレッチなどで柔らかくすれば、血圧は下がると言うことをご存じですか?実は、柔らかい体をつくることが健康につながり、長生きできる秘訣なんです。ですが、多くの人は血圧などの健康に関する情報はたくさんお持ちですが、筋肉についてはあまり関心がなく無頓着の人が多いように思います。高血圧で血管を若く保ちたいという人は、塩分を控え食事に気を使う人は多いのですが、動脈硬化などを防ぎ血管を若く丈夫に保つには...

人間の体で、「首」がつくところは、血管が収縮しやすく冷えやすいということをご存じでしょうか?人の体には、上から首、手、足と3つあり、昔から「首」がつくところは冷やさない様にと言われてきましたね。したがって、その首がつく部位を冷やさないようにしたり、手・足首をストレッチや揉みほぐしたり、マッサージすることで柔らかくして温めれば、血管が開き全身の血流促進にも好影響を与えるのです。血圧が上がるのは、血管...

血圧を下げるには体を柔らかくするストレッチと合わせて、ツボ押しを行うと相乗効果が得られますね。東洋医学の陰陽の考え方では、高血圧は「陽」の病気に分類され、その部分の血の流れが滞っているとで、血圧が高くなると考えられています。そして、体で陽の部分に当たるのは、左下半身と右上半身になります。したがってこの部位に刺激を与えることは高血圧を下げる上ではとても有効です。その中でも、手軽に出来て効果的なのは、...

その場で血圧を下げる指先の特効ツボがあることを知っていますか?まだ働きざかりの年代で高血圧が原因で心疾患によって突然死したり、もしくは死ぬのは免れても脳梗塞で重い後遺症が残ったというケースも良く聞きますね。こういった高血圧などの致命的な生活習慣病は、初期の段階では自覚症状が出ない為、かなり酷くなるまで放ってしまいがちになるものです。また、寒い時やお酒を飲んだ次の日、イライラしたりカッとなった時など...

背骨周辺を柔軟にすると血圧が下がるということをご存じでしょうか?血圧が高くなる人は、背骨周辺が固くなる傾向があり、そこをストレッチなどで柔らかくすると血圧を下げることができます。中でも、胸椎は円盤状の骨が積み重なっている背骨の背中あたりにあり、肋骨と繋がっている骨で、上から7番目の骨をストレッチなどで歪みをとったり柔軟にすることで血圧や血糖値を下げる効果が期待できます。そして、ここをストレッチで柔...

血圧が下がる全身をほぐす簡単なストレッチをご存じでしょうか?高血圧の人は、頭痛や肩こり、動悸、耳鳴りなど症状を訴える人も多いものですね。そして、これらの症状がある人に共通しているのは体型が小太りぎみで体がとても固いことです。そして、体がかたくなると言うことは、筋肉がかたくなっており関節などの柔軟性もなくなっています。当然、筋肉の中を通っている血管も圧迫され細くなり、血液が流れにくくなるので、体は血...

最近、ストレッチの血圧を下げる降圧効果が注目を集めていますね。ストレッチは、ご存じだと思いますが意識的に筋肉や関節を伸ばし、体の柔軟性を高める運動です。これまではスポーツなどを行う前に体をほぐしたりと怪我の防止などの準備運動として行われることが多かったと思います。ですが、最近では高血圧を下げたりと健康増進のための運動として行う人がとても増えています。その中でも、ストレッチの降圧効果としては、体を柔...

ストレッチで血管年齢を若返らせることが出来ることをご存じですか?高血圧に悩んでいる人は多いですが、その人達に共通しているのは全身の筋肉がガチガチに硬くなっていることです。そして、特に高血圧で問題なのが血管が収縮した状態が続くことで、血液の圧力で血管壁が傷つき、徐々に硬く厚くなって血管が破れやすくなってしまう動脈硬化ですね。この血管の老化ともいう言うべき動脈硬化は、酸素と結びついてサビつく酸化するこ...

体を柔らかくするストレッチは、毛細血管の衰えが原因で起こる高血圧に有効ですね。高血圧には、病気や薬などの副作用などの特定の原因で血圧が上がる二次性高血圧と、原因が特定できない本能性高血圧があります。そして、その9割以上は本能性高血圧と言われており、何故起こるかは色々な意見がありますが、最も大きな原因として毛細血管の血液不足とも言われています。毛細血管と言うのは、動脈や静脈から細かく枝分かれし全身に...

高血圧を改善したり、予防するには足と腕を十分に揉みほぐし柔らかくすると良いですね。年をとるにつれて高血圧に悩む人が増えてきますが、その原因のひとつとして姿勢が悪くなり体も硬くなってくるからだと思われます。年齢を重ねれば、どうしても腎臓や膀胱といって臓器にも疲労が出てくるようになることで、姿勢も自然と前のめりになり猫背になったり、顎も前に出て背骨やその首の部分である頸椎が圧迫されて硬くなりやすくなる...

血圧を測った時に、最大血圧(拡張期血圧 正常値は130ミリ未満)だけを気にかけていませんか?もちろん、最大血圧もとても大切ですが、最小血圧(収縮期血圧、正常で85ミリ未満)も重要です。最小血圧とは、心臓が拡張して血液を送り出し太い血管から、細い毛細血管に流れ込む時に血管壁にかかる圧力です。この毛細血管は、動脈と静脈を繋いでいる極めて細い血管で、髪の毛のおよそ20分の1の太さで、約7マイクロメートル...

鎖骨をほぐせば高血圧などの改善に有効ということをご存じでしょうか?実は、鎖骨の歪みもあらゆる病気の引き金になると言われています。では、どうして鎖骨に歪みが起きやすいのでしょうか?例えば、毎日のように横向きで寝ていれば、鎖骨はしだいにずれてきて歪んでくるんですね。また、良く見られるのは過剰なストレスを受けることで骨盤が上や前方向に捻じれやすくなる傾向があり、それによって鎖骨に歪みが起きやすくなるので...

高血圧を下げるふくらはぎの特効ツボをご存じですか?膝が曲がって固まった人のふくらはぎは、とても硬くなっているか、逆に弾力のないふにゃふにゃになっているかのどちらかです。中でも、ふくらはぎが固くて冷えている人は最悪です。体の血液の70%は下半身を循環しており、血液を送る心臓からも遠く、重力により滞りやすくなる下半身の血液を再び心臓まで戻しているのが、ふくらはぎの筋肉なんですね。そして、このふくらはぎ...

歳をとるにつれて、運動する機会も減ってくると、体の柔軟性はどんどん失われていきます。すると、血管も同じように柔軟性が失われて硬くなり、血圧も高くなっていきます。そうなれば心臓ポンプがいくら働いても、血管が硬くなっている為に酸素などの栄養分が器官や組織まで届きにくくなります。体の各組織や臓器などの器官は、常に酸素や栄養分を要としており、体が硬くなりその通り道である血管が硬くなっていると、血液循環が悪...

ストレッチは体に良さそうだけど、私は体が硬いからと諦めていませんか?ストレッチは柔軟性を高めることが出来ますが、中高年の方の主な目的は体が硬い体を伸ばそうとするストレッチの動作が、血行を促進して、高血圧を下げるなど体質改善をはじめとした様々なメリットを得ることが出来るのです。そして、ストレッチは簡単なもので、難しく考えることはありません。誰しも仕事や家事などの日常生活で同じ動作や姿勢を長く続ければ...

高血圧の人は自覚症状がないことが多いものですが、往々として首や肩のこり、動悸、のぼせなどの症状も伴っていることが良くありますね。首や肩のこりというと、それほど深刻にとらえている方も少ないかもしれませんが、首が動かせないほどのコリや痛みが生じていたりすると、緊張性の頭痛やめまいなども起きてくることもあります。頭や首は繊細は部分ですので、既に症状があれば体を動かしたりするのも辛いものです。そんな時はア...

高血圧と冷え性には密接な関係があるのをご存じですか?そもそも血液の循環が良くないことが冷えやむくみにつながってしまうんですね。そして、むくむと血行が悪くなるので温かい血液が体の隅々まで届きずらくなるので体も冷えて血圧も上がってきます。逆に、今度は冷えが起きれば、血行が悪くなってむくんで血圧も高くなるというように、悪循環に陥ってしまいます。また、汗をかいていても体の芯は冷えているということもあるなど...

ストレッチは血圧を下げると同時に、若さを保ち美容面にも効果的なのをご存じですか?ストレッチをすると体が軟らかくなり、血管も拡張させますから血流も良くなります。その為、酸素や栄養が体の細胞の隅々まで行きわたり、血圧以外にも様々な体の不調の改善に繋がります。ですが、誰しも加齢とともに血管が硬くなってくることから老化が生じ、年齢が高くなるにしたがい動脈が硬くなり高血圧の人が増えてきます。更に、長年にわた...

高血圧の合併症とも言える脳溢血(脳出血)を予防したりするには、下半身の筋肉強化すると良いと言われているのをご存じですか?脳溢血は血管がプッツンと切れる代表とも言える疾患で、突然意識を喪失し、半身不随を生じるなど、命にも関わる危険な病気ですね。本来は全身を巡らないといけない血液が脳に集中した結果、溢れて出血します。筋肉の中には毛細血管が無数にあり、本来は下半身に流れるべき血液が、下半身の筋肉が落ちた...

足首をほぐせば高血圧が無理なく下げることが出来るのをご存じですか?足は第二の心臓とも言われ、中でも足首をストレッチでほぐすことは血圧を下げるにはとても有効な方法と言われています。では、何故、足首をほぐせば血圧が下がるのかその理由が分からないという人も多いでしょう。そもそも全身の体重を支えるのに最も大切なのが、その土台となる足首の関節なんです。足首が柔軟に動くことで膝や股関節が歪むことなく体重を支え...

足首をぐるぐる回してほぐすと、高すぎる血圧を下げることが出来るのをご存じですか?東洋医学には、体の部位を陰と陽に分けて考える陰陽理論があり、人間の体で言えば、上半身の左側と下半身の右側が陰、逆に上半身の右側と下半身の左側が陽に当てはまります。そして、血行が過剰になっている高血圧の場合は、陽に偏っていると東洋医学では考えられています。一方、血管の働きが弱くなり血液循環が悪くなる低血圧は陰に偏っている...

高血圧とそれに伴う耳鳴りやめまい、吐き気などの不定愁訴でお悩みではありませんか?これらの症状は、あちこちの病院を受診してもなかなか良くならにという人も少なくなくありませんね。そもそも血行不良の人達は、東洋医学で言われる「おけつ」の状態で、古くなった血液が血管の一部 に滞ってしまい、血液がよどんでいます。その為、慢性的に血の巡りが悪くなり、血圧が高くなってしまうのです。そして、血圧が高くなる背後には...

間違ったスレッチをすると血圧がかえって高くなる場合もあることをご存じですか?例えば、肩こりなどがあると高血圧になっているケースが多く見られます。特に更年期障害に悩む女性は肩こりや頭痛に悩まされてる方も多く、血圧も高くなりがちです。また、ホルモンバランスも影響していることもあります。そして、肩こりなどの何らかの原因があって血圧が高くなる状態を二次性高血圧と言います。つまり、その原因を解消すれば高血圧...

高血圧はストレスも大きく関係していると言われていますね。そして、血圧は上がりやすい性格があり、一般的に言われているのはストレスを受けやすい性格がそれにあたり、いわゆるストレス性高血圧と呼ばれています。少しのことで怒ったりイライラしたり、心配事が出来るとすぐに落ち込むといった方は、ストレスを受けるとすぐに血圧が上がります。ですが、その血圧の上昇は一時的なものであることから、気持ちが落ち着いて来れば、...

怒ったりするとカッとなるなどして「頭に血がのぼる」と良く言われますが、この状態は文字通り血圧が上昇した時ですね。こうした仕事や家庭でのストレスで血圧が上がった時に試してほしいのが、手の中指を刺激することです。東洋医学では手のひらや指に、体の組織の全体の様子を表していると考えられています。例えば、人さし指は胃と大腸、親指は脾臓や肺などと言ったように、それぞれに対応する場所が決まっているのです。また、...

夏の高血圧を下げる水泉のツボをご存じですか?そもそも夏に血圧が上がりやすいのは、暑さから余分な水分を摂って循環血液量が増加するからでしょう。そして、この水泉のツボは、足の内くるぶしの斜め下に位置し、言葉の通り水分代謝をコントロールしている腎臓と関係が深いツボで、夏の上がりがちな高血圧をスルスル下げる効果が期待出来ます。また、高血圧の人はこのツボを押すと強い痛みを感じる人が多く、むくみやすいなど腎臓...

ストレッチをすると体がやわらかくなり、高血圧を下げると同時に若さも保てるということをご存じですか?そもそも体が硬くなるのは筋肉が硬くなるということなので、当然、その筋肉の中を通っている血管も圧迫されて細くなってきます。ですが、ストレッチなどの運動をおこなって体が柔らかくなると、筋肉の中を通っている血管の圧迫が弱くなることで血管も広がり太くなってきます。結果、圧力を血管にそれほどかけなくでも全身に血...

血圧を下げる足裏のツボをご存じですか?高血圧を下げるには全身の血流を良くすることが大切ですが、中でも体の末端である手や足を刺激することが効果的ですね。体の末端部分の血液循環が良いと、心臓から送り出された血液もスムーズに戻せることから、血圧が上がるのを抑えることが出来るのです。特に、足の裏は多くのツボがあり、土踏まずの少し上の中央当たりには血圧を下げる「湧泉」というツボがあるので、ここを念入りに親指...

指先を反らしたりするストレッチをすると、全身の血液の巡りが良くなって血圧が下りやすくなるのをご存じですか?そもそも指先には神経細胞が多く、それが脳につながっていることから、手は第2の脳と呼ばれたり、足は第2の心臓と言われていますね。これは逆に言えば、体の末端である手足の指の先まで血の巡りが良くないと、血管の病気や心臓病、高血圧をはじめとした生活習慣病をも引き起こしかねないということです。そして、手...

自律神経を安定させ血圧をコントロールするツボをご存じですか?高血圧は60歳代で6割、70歳以上になると7割を締めるとも言われていますね。そして、人間はどんな活動をするにしても神経の働きが必要ですが、その中でも自分の意識に関係なく生命維持のために無意識で働いているのが自立神経です。自律神経には交感神経と副交感神経があり、日中の活動している時に脈拍数を上げて血圧を上げたり、胃腸の働きを抑えたりするのが...

足の裏を揉んで柔らかくすると、血行が良くなり高血圧を下げるのに有効ですね。そもそも健康な人の足の裏は柔らかいのです。ところが人間は常に2本の足で体を支えていることから、足裏は硬いのが当たり前と思っている方も少なくないでしょう。ですが、足の裏が柔らかいといことは、血液の流れはもちろんのこと、東洋医学で言う気の巡りが良いということを意味することから、硬い足裏の人は健康であるとは言えないのです。そこで足...

首のツボストレッチをご存じですか?ツボを押したり揉んだりすることは、血行を良くする効果がありますし、ストレッチも筋肉を柔らかくしたり、関節の可動域を広めるなど、血液の循環を良くしますね。その為、首のツボを指圧しながら、首をそらしたりするストレッチをすることで、よりお互いの相乗効果で高血圧が下ったり、体の不快な症状がやわらいでくるのです。そして、年齢を重ねるに伴って筋肉や血管も硬くなり、血圧も次第に...

血流を良くする上でカギとなる場所をご存じですか?高血圧を下げるには、筋肉を柔らかくして全身の血流を良くすることが大切ですね。そして、全身のどの筋肉をほぐすにしても、東洋医学では関連筋というものがあります。本来はこの筋肉のこりには、ここをほぐすというような1対1の関係ではなく、患者さんの体の状態によって変わってくるものです。整体に行かれたことがある人なら分かると思いますが、患者さんの体の状態を観察し...

血流を改善させて血圧を下げるには末梢を刺激するストレッチやマッサージが欠かせませんね。血行が良くなると高血圧も下がりやすくなりますが、下半身で必ずやってほしいのが第二の心臓とも呼ばれるふくらはぎです。末端の血流を心臓に戻すには、ポンプの役目をする筋肉の働きが必要ですが、足ではふくらはぎの筋肉が血管の周辺で収縮して血液を心臓に押し戻してくれるのです。その為、ふくらはぎがむくんでいたり、触ってみて冷た...

胸やお腹の筋肉、更には足のすね、甲などの筋肉が縮んで硬くなっていませんか?考えてみれば、日常生活での歩いたり座ったりする動作も、ほとんどがお腹側に体を曲げる姿勢になり、体を後ろに反ったりすることがありませんよね。その為、股や膝、足などの関節なども硬くなり、血管も圧迫させて足先の血行も悪くなり、血圧も高くなりがちです。特に普段あまり運動などをしない中高年の方に多く見られます。そのような血圧が高めな人...

最近、骨盤の歪みからくる不調に悩んでいる人が増えていますね。そもそも骨盤は仙骨と腸骨、坐骨、恥骨などの複数の骨が関節で繋がったもので、体の中心に位置し、背骨や内臓などを支える体の土台とも言えるのです。ところが、近年、多くの人に骨盤の歪みなどの異変が起き、左右対称になっていない人が増えています。その結果、体に様ざまな不調が出てきますが、高血圧もその一つでしょう。また、高血圧は太っている人が多いですが...

ストレッチをすると、血管や関節が若返ると言われていますね。実際にストレッチなどの軽い運動をしている人は、何もしていない人に比べて実年齢よりも若く見えるものです。そもそも筋肉や血管、靭帯、皮膚、骨などにはコラーゲンというたんぱく質、更にはエスラチンという繊維があります。ですが、加齢や高血糖などが原因でコラーゲンやエスラチンに糖がこびりつく(糖化)状態になったり、複雑にからみあうことで、筋肉や血管が硬...

高血圧対策で最も簡単で効果的な方法は何だと思いますか?それは循環機能を高めることです。血管は、加齢とともに硬くなっていきますが、動脈硬化の症状が現れてくると、心臓がしゃかりきになって血液を送り出そうとポンプの働きを強くしても、血管が硬くなっているので、酸素などの栄養分が体の各組織や器官にまで十分に行きわたりずらくなります。それもそのはず、血液の肝心要の通り道である血管が硬くなっているので、血液循環...

上半身を反らし、腹部の大きな血管の動脈を伸ばすことで血管の柔軟性や弾力性を取り戻し、血流を良くすることが出来るストレッチをご存じですか?これをすることで、高血圧の改善や動脈硬化で起こる心筋梗塞や脳卒中などの予防、更に動悸やめまいにも効果が期待出来ます。更に、副交感神経も優位になるので血圧が高い人はもちろん、不眠や鬱などの症状がある方にもお勧めのストレッチです。やり方はとても簡単です。まず、うつ伏せ...

ラジオ体操は血管を若返らせ血圧を下げるという報告がありますね。そんなラジオ体操ですが、日本人ならしたことがないという人は、殆どいないのではないでしょうか。私が子供の頃には、夏休みの宿題のように感じていて、朝早く起きて規則正しい生活を送る為に、ただ言われるままに体を動かしてハンコをもらっていたような気がします。ですが、ラジオ体操って結構良く出来ていて、良い運動になるんですね。というのも、第1と第2が...