目覚めの血圧上昇に注意!

血圧は、朝、目覚めて布団から出る時が最も危険と言われています。
目が覚めて直ぐに起きあがるという動作が血圧を急上昇させて、心筋梗塞や脳梗塞などの発作を起こしやすくするのです。

 

 

実際に、目覚めて9時までに急性心筋梗塞は起こりやすいという調査結果もあります。
特に寒くなる冬は、朝の冷え込みが一層厳しくなりますので、布団の中で温まっていた体が、布団から急に出ることで血管も収縮して血圧が急に上がりやすくなります。

 

 

また、睡眠中の心拍数は1分間に50〜60回くらいで、副交感神経の働きで減っており、血液の流れも緩やかになり血圧も下がっていますが、朝になり眠りが徐々に浅くなるにつれて、交感神経に変わってきて血圧が上昇をしはじめ、体の各機能も活発になってくるのです。

 

 

そして、朝の起床時には、副腎からカテコラミンという血圧を上げるホルモンが血液中に分泌されますし、眠っている間に体内の水分が発汗により失われてるため、血液の粘土も高くなっています。
また、それ以外にも目覚めるとともに、血液を固める血小板の働きも高まり、血栓を作りやすいのです。

 

 

朝は、このように血圧を上げやすい要因が重なっています。
こうした、朝の目覚めの血圧の上昇の危険を防ぐには、目が覚めたら直ぐに起き上がらずに、体を徐々に目覚めさせるとが大切です。
その、最も簡単な方法として良いと言われているのは、起き上がる前に布団の中でゆっくりと大きく深呼吸(腹式呼吸)をすることです。
これを布団のなかで5回〜10回程度行えば、血圧は10mmHgは下がるとも言われています。

 

 

更に、高血圧の人は動脈硬化も進んでいることが多く、脳貧血を起こすと脳梗塞の引き金になることがあります。その為、朝目覚めたら起き上がる前に布団の中で手足をゆるゆると動かすスレッチをし、その後にゆっくりと体を起こして座り、頭がすっきりしてから立ち上がると脳貧血の予防にもなります。

 

 

いずれにしても、朝は血圧の急上昇が起こりやすいので、目覚めて布団からゆっくり起き上がるようにして、血圧の急上昇を防ぎましょう。

 

 

簡単なストレッチ5分で血圧が短期間で下がる画期的な血圧改善法!!

 

高血圧下げる「福辻式」DVDの詳細を見てみる

 

 

関連ページ

冬の高血圧対策
水分補給について
入浴について
睡眠について
夏の高血圧対策
昼寝をしよう!
自分の血圧の変動を知ろう!
日常生活での高血圧の前ぶれ症状
硬い体は高血圧のもと
残暑の頃は高血圧に特に注意
便秘を解消すれば血圧は下がる?
高血圧は起床時の急な立ち上がりに注意
ストレスと高血圧との関係
高血圧は過労死リスクを高める
高血圧による脳梗塞に注意
ゴルフは血圧を上げる!?
食塩感受性には個人差がある
座ってばかりが高血圧などの不調を生む
ストレッチは血管の若返りに効果的
高血圧に運動が良い影響を与えるメカニズム
冬場の水仕事は温水にしよう
出勤前のゆとりが血圧を上げない
降圧剤に頼る前に考えておくべきこと
体の血圧調整の仕組み
脳卒中を引き起こす人の特徴
交感神経が働き過ぎると高血圧の悪循環に陥る
高血圧の人は脈拍が60%程度上がる運動を
心筋梗塞や脳卒中は夏にも要注意
高血圧の夏場に注意すべき過ごし方
夏場に高血圧を引き起こしやすい原因とは?
心臓付近の筋肉や血管をほぐせば血圧も下がる
血圧が上がりやすい服装とは?
熱いお風呂は血栓を作りやすくする
急激な気温の低下は血圧上昇に注意しよう!
高血圧の冬の注意点
下の血圧が高い原因と対策
高血圧や体調不良は体温を上げるストレッチで改善
心臓に送り返す筋肉のポンプ作用を強化しよう
高血圧の運動のリスク
高血圧とタバコの関係
ストレッチは心身ともに健康になれる
ストレッチで血圧を下げ体の衰えを食い止めよう
筋肉と血管の関係
動脈硬化の予防にはストレッチ
高血圧は血液サラサラなら大丈夫ではない!?
寝る前の水分補給は高血圧に良いのか?
冷え性改善は血圧も下がる
血管の老化を防ぐには?
脂質異常症と高血圧が合併すると動脈硬化を引き起こしやすい
立ち仕事の人も血管病に要注意
血管と見た目年齢は比例している
ストレッチで血管も柔らくなる?
血管を若く保つには単に痩せればいいわけではない
血圧サージを避ける対策
血栓を溶かす薬は血管内で作られる
高血圧の人は早起きに注意
運動をすると血管内皮が蘇る?
血管を拡張させるならビタミンB3とE
血管若返りは運動と青魚!?
高血圧は下半身の筋肉の衰えが招く
高血圧には血管マッサージは効果があるのか?
背中が硬いと高血圧などの全身の不調に
高血圧と首のこりの関係