ストレッチは血管の若返りに効果的

ここ最近、健康雑誌などにも取り上げられるなど、ストレッチをすると血管が若返るということが言われていますね。
実際に近年の研究で、血管は硬くもろくなるのを食い止めるだけでなく、弾力性を高めることが出来るということが分かってきました。

 

 

当然、血管が若返れば血液がスムーズに流れるようになるので、高血圧や動脈硬化などをはじめとした生活習慣病を予防したり、改善するには良いのは言うまでもないでしょう。

 

 

そして、日本人の死因のうち、血管病がきっかけとなるものは、全体のおよそ4分の1も締めていると言われています。
つまり、血管が若返れば、高血圧をはじめとした様々な血管病にかかることなく健康的に長生きできて、人生を楽しめる可能性が高くなるということです。

 

 

ですが、実際はほとんど見過ごされているんですね。その理由として自覚症状がほとんどないので深刻な状況になるまで自覚することがないからでしょう。
そして、人間というものは、自分にとって都合の悪いことや嫌なことはなかなか目を向けようとはしないものですが、自分の血管のことを気づかないでいると体の老いとともに確実に硬くなって傷んできます。

 

 

そして心臓は1日におよそ10万回脈拍を繰り返しており、血圧が130でも150でも1日での血管の影響はそれほど大きくはないでしょうが、その違いを1年で見ると3650万回と積み重なり、そうなれば血圧の血管への影響はとても大きくなりますよね。

 

 

したがって、高血圧が続くと血管が大きく傷ついてしまうのです。
特に高血圧は、心臓や腎臓、脳のうち、一番影響を与えやすいのが脳なんです。

 

 

高血圧で血管の壁が血液の流れで繰り返し衝撃を受けますが、脳の血管は他の部分の血管より薄いので、それだけ高血圧による衝撃を受けて傷つきやすいのです。
また、これと同じように血液量が多くなったり、老化などによって体が硬くなって血管を圧迫して縮んできたりすると、血圧が高くなって血管の壁も傷つきやすくなってくるんですね。

 

 

ですが、ストレッチで筋肉や関節を伸ばして柔らかくすると、細い動脈の周りいある交感神経が刺激を受けて血流が増えるようになるのです。
そして、血液が増えてくると、血管の最も内側にある血管内皮の細胞から一酸化窒素が作り出されます。

 

 

この一酸化窒素には、血管の筋肉を柔らかくするする働きがあり、動脈硬化など血管病の進行を防ぐことができるようになることから、ストレッチは血管を若返らせることが出来る有効な手段の一つと言えるのです。

 

 

また、最近は肥満に伴う高血圧も増えてきています。これは血圧を上げる要因が肥満に複数あるからです。その為、太れば太るほど血圧も高くなりがちです。
ですが、肥満に伴う高血圧の人は、体重を4〜5キロ落とすと血圧が下がることが分かっています。

 

 

そして、ストレッチをすれば筋肉と合わせて関節も柔らかくなるので、日常生活でもより活動的に動けるようになることで、エネルギー消費量も増えてくるのです。
つまり、体が柔らかくなるほど、消費カロリー増加に繋がり、高血圧の原因にもなる肥満も防げ、血管の若返りと合わせて一石二鳥とも言えるでしょう。

 

 

1日5分からのストレッチで血圧を下げる画期的な治療法!

 

高血圧下げる「福辻式」DVDの詳細を見てみる

 

 

関連ページ

冬の高血圧対策
水分補給について
入浴について
睡眠について
夏の高血圧対策
昼寝をしよう!
目覚めの血圧上昇に注意!
自分の血圧の変動を知ろう!
日常生活での高血圧の前ぶれ症状
硬い体は高血圧のもと
残暑の頃は高血圧に特に注意
便秘を解消すれば血圧は下がる?
高血圧は起床時の急な立ち上がりに注意
ストレスと高血圧との関係
高血圧は過労死リスクを高める
高血圧による脳梗塞に注意
ゴルフは血圧を上げる!?
食塩感受性には個人差がある
座ってばかりが高血圧などの不調を生む
高血圧に運動が良い影響を与えるメカニズム
冬場の水仕事は温水にしよう
出勤前のゆとりが血圧を上げない
降圧剤に頼る前に考えておくべきこと
体の血圧調整の仕組み
脳卒中を引き起こす人の特徴
交感神経が働き過ぎると高血圧の悪循環に陥る
高血圧の人は脈拍が60%程度上がる運動を
心筋梗塞や脳卒中は夏にも要注意
高血圧の夏場に注意すべき過ごし方
夏場に高血圧を引き起こしやすい原因とは?
心臓付近の筋肉や血管をほぐせば血圧も下がる
血圧が上がりやすい服装とは?
熱いお風呂は血栓を作りやすくする
急激な気温の低下は血圧上昇に注意しよう!
高血圧の冬の注意点
下の血圧が高い原因と対策
高血圧や体調不良は体温を上げるストレッチで改善
心臓に送り返す筋肉のポンプ作用を強化しよう
高血圧の運動のリスク
高血圧とタバコの関係
ストレッチは心身ともに健康になれる
ストレッチで血圧を下げ体の衰えを食い止めよう
筋肉と血管の関係
動脈硬化の予防にはストレッチ
高血圧は血液サラサラなら大丈夫ではない!?
寝る前の水分補給は高血圧に良いのか?
冷え性改善は血圧も下がる
血管の老化を防ぐには?
脂質異常症と高血圧が合併すると動脈硬化を引き起こしやすい
立ち仕事の人も血管病に要注意
血管と見た目年齢は比例している
ストレッチで血管も柔らくなる?
血管を若く保つには単に痩せればいいわけではない
血圧サージを避ける対策
血栓を溶かす薬は血管内で作られる
高血圧の人は早起きに注意
運動をすると血管内皮が蘇る?
血管を拡張させるならビタミンB3とE
血管若返りは運動と青魚!?
高血圧は下半身の筋肉の衰えが招く
高血圧には血管マッサージは効果があるのか?
背中が硬いと高血圧などの全身の不調に