出勤前のゆとりが血圧を上げない

朝起きてから出かけるまで、あなたはどのように過ごしていますか?
少しでも布団の中で寝ていたいという人も多いものですが、気がつくと「もうこんな時間」と毎朝あせって身支度をして、朝食も食べずにバタバタと出勤をする…・

 

 

毎日このような生活をしていたら、出勤前から血圧が上がりっぱなしの状態になっているので注意が必要ですね、
出かけるまでには最低でも1時間くらいは出勤前にゆとりを持つようにすることこそが、血圧を上げない為には大切なんです。

 

 

とは言え、分かってはいてもなかなか起床時間を早めることが出来ないという人も多いことでしょう。
ですが、起床時間を早めるのは、それほど難しいことではありません。
前日の就寝時間を早めにして、出金前の予定を立てておけばいいのです。

 

 

出勤前に予定があれば、決まった時間に自然と目が覚めてくるものです。
そして、起床してから出かけるまでにすべきことは、洗面、着替え、朝食、トイレですが、せめて朝食くらいはゆったりと摂りたいものですね。
その後は、必ずトイレに行くことを予定に組み込んでおきましょう。

 

 

朝にゆとりを持っための予定の立て方としては、朝食を基準にすると時間配分がしやすくなりますよ。
これはいつも私がやっていることですが、起床から朝食までには胃が食べ物を受け入れるまでにはある程度は時間が必要なので、20分くらいと考えるとその時間を洗面や着替えに当てます。

 

 

そして、これまで朝食を摂る習慣がなかった人は、朝に3〜5分くらいストレッチなど体を動かすようにすれば血液循環も良くなり血圧も下がりますし、食欲もわいてくるでしょう。
また、食事もせめて20分くらいは時間をとりたいところですね。

 

 

食後も、食べた物の胃の消化時間として同じく20分くらいもうけるようにして、そのうちの10分程度はトイレに入るようにします。このような朝の出勤前の予定を組んで過ごせば、お茶を飲みながら新聞くらいは読める時間もてきます。

 

 

ただ、いくら家でゆっくり過ごしたとしても、出てから出勤するまでに、息せき切って階段を駆け昇って電車に乗るようでは、意味がなくなってしまいます。
せめて10分程度はゆとりを持って出かけるようにすれば、乗り物の時間などにイライラしないで済みます。

 

 

また、マイカー通勤の人は、電車やバスなどを利用する人よりも血圧が高い傾向があるというという調査報告があります。。
車の運転歴が長いと気にならないものですが、ハンドルを握って前方を注意しながら運転しているだけで確実に血圧は上がっているんですね。

 

 

特に冬場の雪道などでは、前方に子供の姿を発見しただけで、血圧が20%も跳ね上がったというデーターもありますし、ましてや交通渋滞にひっかかれば、ストレスが溜まるばかりで、血圧が揺れ動いている状態とも言えるのです。

 

 

いずれにしても、マイカー通勤は神経も使いますが血圧も上がるので、高血圧が心配な人はなるべく避けるようにしたほうが賢明でしょう。

 

 

1日5分からのストレッチで血圧を下げる画期的な治療法!

 

高血圧下げる「福辻式」DVDの詳細を見てみる

 

 

関連ページ

冬の高血圧対策
水分補給について
入浴について
睡眠について
夏の高血圧対策
昼寝をしよう!
目覚めの血圧上昇に注意!
自分の血圧の変動を知ろう!
日常生活での高血圧の前ぶれ症状
硬い体は高血圧のもと
残暑の頃は高血圧に特に注意
便秘を解消すれば血圧は下がる?
高血圧は起床時の急な立ち上がりに注意
ストレスと高血圧との関係
高血圧は過労死リスクを高める
高血圧による脳梗塞に注意
ゴルフは血圧を上げる!?
食塩感受性には個人差がある
座ってばかりが高血圧などの不調を生む
ストレッチは血管の若返りに効果的
高血圧に運動が良い影響を与えるメカニズム
冬場の水仕事は温水にしよう
降圧剤に頼る前に考えておくべきこと
体の血圧調整の仕組み
脳卒中を引き起こす人の特徴
交感神経が働き過ぎると高血圧の悪循環に陥る
高血圧の人は脈拍が60%程度上がる運動を
心筋梗塞や脳卒中は夏にも要注意
高血圧の夏場に注意すべき過ごし方
夏場に高血圧を引き起こしやすい原因とは?
心臓付近の筋肉や血管をほぐせば血圧も下がる
血圧が上がりやすい服装とは?
熱いお風呂は血栓を作りやすくする
急激な気温の低下は血圧上昇に注意しよう!
高血圧の冬の注意点
下の血圧が高い原因と対策
高血圧や体調不良は体温を上げるストレッチで改善
心臓に送り返す筋肉のポンプ作用を強化しよう
高血圧の運動のリスク
高血圧とタバコの関係
ストレッチは心身ともに健康になれる
ストレッチで血圧を下げ体の衰えを食い止めよう
筋肉と血管の関係
動脈硬化の予防にはストレッチ
高血圧は血液サラサラなら大丈夫ではない!?
寝る前の水分補給は高血圧に良いのか?
冷え性改善は血圧も下がる
血管の老化を防ぐには?
脂質異常症と高血圧が合併すると動脈硬化を引き起こしやすい
立ち仕事の人も血管病に要注意
血管と見た目年齢は比例している
ストレッチで血管も柔らくなる?
血管を若く保つには単に痩せればいいわけではない
血圧サージを避ける対策
血栓を溶かす薬は血管内で作られる
高血圧の人は早起きに注意
運動をすると血管内皮が蘇る?
血管を拡張させるならビタミンB3とE
血管若返りは運動と青魚!?
高血圧は下半身の筋肉の衰えが招く
高血圧には血管マッサージは効果があるのか?
背中が硬いと高血圧などの全身の不調に