高血圧は過労死リスクを高める

高血圧は過労死リスクを高めると言われていますが、あなたは、日頃からしつかり休養をとっていますか?
長時間労働や仕事でのストレスが、往々にして過労死を招いてしまうということは、既に多くの方が知っている事実です。

 

 

厚生労働省によると、平成26年度の脳・心臓疾患の労災認定請求件数は763件で、このうち労災認定を受けた人は、死亡した121人を含め277件になります。
そしてこの労災認定を受けた方の約半数は、100時間を超える時間外労働をしていたことが分かっているんですね。

 

 

また、クモ膜下出血や脳出血などの脳疾患や、心筋梗塞や急性心不全等の心臓疾患の支給決定件数の多い職種の上位ベスト5は、自動車運転従事者が85人、ついで法人・団体管理職員の24人、営業職従事者14人、サービス職業(飲食物調理従事者)13人、商品販売従事者12人と続きます。

 

 

そして、この中で死亡した人の年代で見ると、最も多いのが50代です。その次に40代、60代となっており、まさに働き盛りの世代に多いということが分かります。
こうした過労死は長時間労働や連続勤務など雇用者側の問題をはじめ、様々な要素が絡んでいると思いますが、高血圧や動脈硬化などの疾患が、脳出血や心筋梗塞の発作などの悪い結果を引き起こすリスクを高めることは間違いないでしょう。

 

 

長時間労働や連続勤務、睡眠不足、仕事での慢性的なストレスが、高血圧や動脈硬化に追い打ちをかけて、ある日急激に病状が悪化し、心臓発作や脳卒中による過労死を招いてしまっていることが多く見られます。

 

 

そして、このような脳や心臓疾患などの最悪の事態を防ぐ為に必要なのは休養です。
「疲れがなかなかとれない」「最近、働きづめで休んでいない」「睡眠不足」と感じているようなら、これといった変わった症状が出ていなくても、長時間労働で心臓や血管は悲鳴を上げているかもしれません。

 

 

自分の健康を最優先に考えて、何はともあれ休みをとるようにしましょう。
体を休めて自分なりのやり方でリフレッシュすることが大切です。

 

 

とは言え、何をすれば良いのか思いつかない人は、体を動かしてみると良いです。
以前は高血圧の人は運動をしてはいけないというような考え方もありましたが、現在では、高血圧でも適度な運動をする習慣がある方のほうが、運動しているときの血圧もそれほど上がらないですし、日頃の血圧も下がることが分かっています。

 

 

また、動脈硬化が進みにくくなり、心筋梗塞などの発作も起こしにくいことが分かっているんですね。
こうした高血圧の人にはウオーキングやジョギング、水泳、サイクリングなど、体内に酸素を取り入れながら行う少しきつめの有酸素運動が向いていると言われています。

 

 

効果を得るには、1回あたり30分から60分を週に3回程度を行うと良いとされています。
しかし、既に高血圧で医師から治療を受けている人は、必ず医師の診断を受け、許可を得てから運動をすることが大切です。

 

 

特に上の血圧が180mmHg、下が110mmHg以上の重症の方は、脳卒中を運動時に起こす危険がかえって高くなるので、運度はしてはいけません。
いくら適度な運動が高血圧をはじめとした生活習慣病に良いからといっても、なかには運動をしてはいけない方もいます。

 

 

いずれにしても疲れが溜まっていたり、睡眠不足などの少しでも体調が悪い時は無理をしないことが大切です。
そういった意味でも、手軽にどこでも簡単に出来るストレッチなら無理をすることなく続けやすいですので、日々の生活に上手く取り入れることで、体も徐々に軟らかくなることで全身の血液循環が良くなり、リフレッシュ効果もあるなど、脳疾患や心臓疾患などで起こる過労死のリスクを下げることにも繋がるでしょう。

 

 

なお、こうした過労死を防ぐにはご本人も意識して気をつけることも必要ですが、周りのご家族などの方も注意して気を配ってあげることが何より大切です。
ご夫婦でストレッチを一緒にやるのも良いかもしれませんね。

 

 

1日5分からのストレッチで血圧を下げる画期的な治療法!

 

高血圧下げる「福辻式」DVDの詳細を見てみる

 

 

関連ページ

冬の高血圧対策
水分補給について
入浴について
睡眠について
夏の高血圧対策
昼寝をしよう!
目覚めの血圧上昇に注意!
自分の血圧の変動を知ろう!
日常生活での高血圧の前ぶれ症状
硬い体は高血圧のもと
残暑の頃は高血圧に特に注意
便秘を解消すれば血圧は下がる?
高血圧は起床時の急な立ち上がりに注意
ストレスと高血圧との関係
高血圧による脳梗塞に注意
ゴルフは血圧を上げる!?
食塩感受性には個人差がある
座ってばかりが高血圧などの不調を生む
ストレッチは血管の若返りに効果的
高血圧に運動が良い影響を与えるメカニズム
冬場の水仕事は温水にしよう
出勤前のゆとりが血圧を上げない
降圧剤に頼る前に考えておくべきこと
体の血圧調整の仕組み
脳卒中を引き起こす人の特徴
交感神経が働き過ぎると高血圧の悪循環に陥る
高血圧の人は脈拍が60%程度上がる運動を
心筋梗塞や脳卒中は夏にも要注意
高血圧の夏場に注意すべき過ごし方
夏場に高血圧を引き起こしやすい原因とは?
心臓付近の筋肉や血管をほぐせば血圧も下がる
血圧が上がりやすい服装とは?
熱いお風呂は血栓を作りやすくする
急激な気温の低下は血圧上昇に注意しよう!
高血圧の冬の注意点
下の血圧が高い原因と対策
高血圧や体調不良は体温を上げるストレッチで改善
心臓に送り返す筋肉のポンプ作用を強化しよう
高血圧の運動のリスク
高血圧とタバコの関係
ストレッチは心身ともに健康になれる
ストレッチで血圧を下げ体の衰えを食い止めよう
筋肉と血管の関係
動脈硬化の予防にはストレッチ
高血圧は血液サラサラなら大丈夫ではない!?
寝る前の水分補給は高血圧に良いのか?
冷え性改善は血圧も下がる
血管の老化を防ぐには?
脂質異常症と高血圧が合併すると動脈硬化を引き起こしやすい
立ち仕事の人も血管病に要注意
血管と見た目年齢は比例している
ストレッチで血管も柔らくなる?
血管を若く保つには単に痩せればいいわけではない
血圧サージを避ける対策
血栓を溶かす薬は血管内で作られる
高血圧の人は早起きに注意
運動をすると血管内皮が蘇る?
血管を拡張させるならビタミンB3とE
血管若返りは運動と青魚!?
高血圧は下半身の筋肉の衰えが招く
高血圧には血管マッサージは効果があるのか?
背中が硬いと高血圧などの全身の不調に
高血圧と腎臓の関係