食塩感受性には個人差がある

塩分によって血圧が変化する度合いは個人差があるのをご存じですか?
高血圧対策はこれまで塩分を控えめにし、低脂肪、低カロリーなど、食事に気をつけることが大切だと言われてきましたね。

 

 

確かに塩分や食事が高血圧の原因のひとつではあることは事実です。
ですが、既に雑誌やテレビの健康番組などにも取り下られご存じの方も多いでしょうが、塩分と血圧が関係ない人がいるのです。
実際に厚生労働省のホームページにもにも書かれている事実です。

 

 

例えば、食事で継続して減塩を行った時に、比較的に短期間で血圧が下がる人と、なかなか効果が現れない人がいます。
この塩分に敏感に反応する体質の人を食塩感受性と言い、なかなか反応がない人を食塩非感受性と呼ばれています。

 

 

そして、4割の人が塩分で血圧が上がり、残りの6割の人は塩分で血圧が上がらない、つまり半分以上の方は、塩分を減らしても血圧が下がらないということなのです。
この食塩感受性が人によって個人差があるのはかはまだはっきりとは分かっていませんが、このうち高血圧で特に注意が必要なのが、食塩非感受性の塩分と血圧があまり関係のない人達です。

 

 

このタイプの人は食事で減塩を頑張っても、効果がなかなか現れません。
いずれにしても食事での減塩をするにあたっては注意すべきことがあります。それは無理な減塩は、かえってストレスがたまり効果が薄いことです。

 

 

いきなり食事の塩分を減らしても、薄い味付けに味気がなくて途中でやめたり、食欲までなくなってしまうようなら、健康上にかえってよくありませんし、何より長続きしませんよね。
また、急激な減塩では交感神経が刺激され、かえって血圧が上がったり、細胞外液が減り体の抵抗力も弱まるなどの支障がでることも指摘されています。

 

 

そして、高血を下げたり予防には毎日の食事への取り組みとともに、やはり継続的に続けられる適度な運動は欠かせません。
何故なら、適度に体を動かす運動やストレッチは直接的に血圧を下げることが出来るからです。

 

 

運動が血圧を下げる効果には2つあります。
一つ目は運動を行った後に一時的に血圧が下がる急性効果と呼ばれているものです。
これは運動後12時間以上にわたり収縮期血圧が平均で18〜20mmHg、拡張期血圧では平均で7〜9mmHgそれぞれ下がります。

 

 

二つ目は、慢性効果と呼ばれているもので、適度に体を動かすウオーキングなどの運動やストレッチなどを続けることによって、血圧が下がり長期間にわたって安定していくことです。
運動による血圧の低下幅は収縮期血圧で10mmHg前後、拡張期血圧では平均で8mmHg前後と言われています。

 

 

また、運動を行うことで動脈硬化の進行も抑えられ、心筋梗塞などの発作も起こしにくくなると言われています。
ただ、運動も減塩などの食事と同じで、無理にやっても効果が薄く、いきなり普段あまり動かしていない人が急に激しい運動を行うと、急激な血圧上昇を招きますし、長続きしないでしょう。

 

 

また、運動をするなら準備運動を行い、水分補給をして無理はしないことです。また冬場などの気温が低い時は、薄着を避けることも大切ですね。
いずれにしても、何でもそうですが続けることが大切なので、同じ体を動かすならストレッチなら場所も選ばず気軽に始められ、天候や外気温など気にせずに出来、無理なく安全に続けることが出来るでしょう。

 

 

なお、この福辻鋭記先生の高血圧下げる「福辻式」DVDの治療法は、映像による詳細な解説があり、効果的な正しいより正確なストレッチが出来るようになり、なぜこれをすれば血圧が下がるのかといったことを理解して行うことができるので、継続しやすく即効性など効き目がより期待出来るでしょう。

 

1日5分からのストレッチで血圧を下げる画期的な治療法!

 

高血圧下げる「福辻式」DVDの詳細を見てみる

 

 

関連ページ

冬の高血圧対策
水分補給について
入浴について
睡眠について
夏の高血圧対策
昼寝をしよう!
目覚めの血圧上昇に注意!
自分の血圧の変動を知ろう!
日常生活での高血圧の前ぶれ症状
硬い体は高血圧のもと
残暑の頃は高血圧に特に注意
便秘を解消すれば血圧は下がる?
高血圧は起床時の急な立ち上がりに注意
ストレスと高血圧との関係
高血圧は過労死リスクを高める
高血圧による脳梗塞に注意
ゴルフは血圧を上げる!?
座ってばかりが高血圧などの不調を生む
ストレッチは血管の若返りに効果的
高血圧に運動が良い影響を与えるメカニズム
冬場の水仕事は温水にしよう
出勤前のゆとりが血圧を上げない
降圧剤に頼る前に考えておくべきこと
体の血圧調整の仕組み
脳卒中を引き起こす人の特徴
交感神経が働き過ぎると高血圧の悪循環に陥る
高血圧の人は脈拍が60%程度上がる運動を
心筋梗塞や脳卒中は夏にも要注意
高血圧の夏場に注意すべき過ごし方
夏場に高血圧を引き起こしやすい原因とは?
心臓付近の筋肉や血管をほぐせば血圧も下がる
血圧が上がりやすい服装とは?
熱いお風呂は血栓を作りやすくする
急激な気温の低下は血圧上昇に注意しよう!
高血圧の冬の注意点
下の血圧が高い原因と対策
高血圧や体調不良は体温を上げるストレッチで改善
心臓に送り返す筋肉のポンプ作用を強化しよう
高血圧の運動のリスク
高血圧とタバコの関係
ストレッチは心身ともに健康になれる
ストレッチで血圧を下げ体の衰えを食い止めよう
筋肉と血管の関係
動脈硬化の予防にはストレッチ
高血圧は血液サラサラなら大丈夫ではない!?
寝る前の水分補給は高血圧に良いのか?
冷え性改善は血圧も下がる
血管の老化を防ぐには?
脂質異常症と高血圧が合併すると動脈硬化を引き起こしやすい
立ち仕事の人も血管病に要注意
血管と見た目年齢は比例している
ストレッチで血管も柔らくなる?
血管を若く保つには単に痩せればいいわけではない
血圧サージを避ける対策
血栓を溶かす薬は血管内で作られる
高血圧の人は早起きに注意
運動をすると血管内皮が蘇る?
血管を拡張させるならビタミンB3とE
血管若返りは運動と青魚!?
高血圧は下半身の筋肉の衰えが招く
高血圧には血管マッサージは効果があるのか?
背中が硬いと高血圧などの全身の不調に