高血圧による脳梗塞に注意

年をとって中高年以降になると、多くの人の健康上の大きな悩みになってくるのが高血圧ですね。
特に寒くなる冬場は、血圧が上がりやすいので脳梗塞などの発作が増えてくるので注意する必要があります。

 

 

脳梗塞はご存じのように動脈が血栓などで詰まると起こり、その先に酸素や栄養が行き渡らなくなることで、その部分の脳細胞が死んでしまう恐ろしい疾患です。

 

 

また、こうしたの脳梗塞などの引き金になる高血圧になる人が年をとるにつれて増えるのは、筋肉との関係もあります。
そもそも筋肉が発達するほど毛細血管が増えてくることから、しっかりした若い人の下半身には血液が多く蓄えられています。

 

 

この状態は、頭部を冷たく足部を暖いといった頭寒足熱の健康に良い状態と言えるでしょう。
下半身を温めることによって、温まった血液が頭部を循環して冷やされて、下半身に戻ってきて、また温まり頭部へと戻ると言ったように、 全身の血液の循環がよくなり血圧が安定するのです。

 

 

ですが、加齢にともなって下半身の筋肉が衰えてくると、血液が上半身に集まってくるようになってしまい、 これが高血圧の形になってあらわれてきます。
そして、この血圧が体の1番上にある脳に集まって溢れた状態が脳梗塞や脳出血です。

 

 

脳梗塞は、脳のどの部分が、どのくらいの大きさでダメージを受けたかで現れる障害も変わってきます。
例えば、言語中枢が侵されると、ろれつが回らなくなったり、言葉がでなくなります。
運動を司る部分がダメージを受ければ、手足などが麻痺してきます。

 

 

さらに、脳低動脈といった大切な血管が詰まってしまうと命にも関わってきます。
脳の右半球がやられてしまうと左半身に麻痺が出ますし、逆に左半球がやられると右半身に麻痺が出ます。
これは脊髄のところで神経が交差しているからです。

 

 

こうした高血圧での合併症などの脳卒中を予防をし治療するには、下半身に血液を下ろし頭寒足熱の状態にすことが大切です。
そして、ウオーキングなどの運動やストレッチをして体を軟らかくて、体の血液循環を良くして、血液を下半身に下ろすようにすることも効果的と言われています。

 

 

こうした高血圧が引き起こす脳梗塞など合併症を防ぐ為に、血管を若く保ちたいと食べ物に気を使ったりする人は多いですが、血管を若く保つのに筋肉を柔らかくしないといけないという事は知らない人が多いように思います。

 

 

しかし、運動やストレッチならなんのリスクもありませんし、お金もかかりません。
実際に高血圧で何年も薬を飲みつづけていた人がストレッチをして血圧が下がり、降圧剤を飲まなくても正常値にほぼ近い血圧まで下がってきたという症例も少なくないようです。

 

 

いずれにしても、高血圧は脳梗塞や脳出血などの脳卒中や心筋梗塞などの心疾患の深刻な原因にもなりかねないので、高血圧で悩んでいるようなら、ストレッチを試してみる価値は十分にあるでしょう。

 

 

1日5分からのストレッチで血圧を下げる画期的な治療法!

 

高血圧下げる「福辻式」DVDの詳細を見てみる

 

 

関連ページ

冬の高血圧対策
水分補給について
入浴について
睡眠について
夏の高血圧対策
昼寝をしよう!
目覚めの血圧上昇に注意!
自分の血圧の変動を知ろう!
日常生活での高血圧の前ぶれ症状
硬い体は高血圧のもと
残暑の頃は高血圧に特に注意
便秘を解消すれば血圧は下がる?
高血圧は起床時の急な立ち上がりに注意
ストレスと高血圧との関係
高血圧は過労死リスクを高める
ゴルフは血圧を上げる!?
食塩感受性には個人差がある
座ってばかりが高血圧などの不調を生む
ストレッチは血管の若返りに効果的
高血圧に運動が良い影響を与えるメカニズム
冬場の水仕事は温水にしよう
出勤前のゆとりが血圧を上げない
降圧剤に頼る前に考えておくべきこと
体の血圧調整の仕組み
脳卒中を引き起こす人の特徴
交感神経が働き過ぎると高血圧の悪循環に陥る
高血圧の人は脈拍が60%程度上がる運動を
心筋梗塞や脳卒中は夏にも要注意
高血圧の夏場に注意すべき過ごし方
夏場に高血圧を引き起こしやすい原因とは?
心臓付近の筋肉や血管をほぐせば血圧も下がる
血圧が上がりやすい服装とは?
熱いお風呂は血栓を作りやすくする
急激な気温の低下は血圧上昇に注意しよう!
高血圧の冬の注意点
下の血圧が高い原因と対策
高血圧や体調不良は体温を上げるストレッチで改善
心臓に送り返す筋肉のポンプ作用を強化しよう
高血圧の運動のリスク
高血圧とタバコの関係
ストレッチは心身ともに健康になれる
ストレッチで血圧を下げ体の衰えを食い止めよう
筋肉と血管の関係
動脈硬化の予防にはストレッチ
高血圧は血液サラサラなら大丈夫ではない!?
寝る前の水分補給は高血圧に良いのか?
冷え性改善は血圧も下がる
血管の老化を防ぐには?
脂質異常症と高血圧が合併すると動脈硬化を引き起こしやすい
立ち仕事の人も血管病に要注意
血管と見た目年齢は比例している
ストレッチで血管も柔らくなる?
血管を若く保つには単に痩せればいいわけではない
血圧サージを避ける対策
血栓を溶かす薬は血管内で作られる
高血圧の人は早起きに注意
運動をすると血管内皮が蘇る?
血管を拡張させるならビタミンB3とE
血管若返りは運動と青魚!?
高血圧は下半身の筋肉の衰えが招く
高血圧には血管マッサージは効果があるのか?
背中が硬いと高血圧などの全身の不調に
高血圧と首のこりの関係